情報セキュリティマネジメント 平成30年秋期 午前問17

午前問17

セキュアブートの説明はどれか。
  • BIOSにパスワードを設定し,PC起動時にBIOSのパスワード入力を要求することによって,OSの不正な起動を防ぐ技術
  • HDDにパスワードを設定し,PC起動時にHDDのパスワード入力を要求することによって,OSの不正な起動を防ぐ技術
  • PCの起動時にOSやドライバのディジタル署名を検証し,許可されていないものを実行しないようにすることによって,OS起動前のマルウェアの実行を防ぐ技術
  • マルウェア対策ソフトをスタートアッププログラムに登録し,OS起動時に自動的にマルウェアスキャンを行うことによって,マルウェアの被害を防ぐ技術

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

セキュアブートとは、コンピュータの起動時にOS起動ファイルやドライバのディジタル署名を検証し、起動プロセスを認証することで、不正なプログラムの実行を未然に防止する仕組みです。BIOSに代わる新仕様であるUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)で規定されていて、WindowsではWindows8以降が対応しています。
セキュアブートを行うことで、HDDのブートセクタに感染するタイプのマルウェアの実行も防止できます。
  • BIOSにパスワードを設定し,PC起動時にBIOSのパスワード入力を要求することによって,OSの不正な起動を防ぐ技術
    BIOSパスワードの説明です。
  • HDDにパスワードを設定し,PC起動時にHDDのパスワード入力を要求することによって,OSの不正な起動を防ぐ技術
    HDDパスワードの説明です。
  • PCの起動時にOSやドライバのディジタル署名を検証し,許可されていないものを実行しないようにすることによって,OS起動前のマルウェアの実行を防ぐ技術
    正しい。セキュアブートの説明です。
  • マルウェア対策ソフトをスタートアッププログラムに登録し,OS起動時に自動的にマルウェアスキャンを行うことによって,マルウェアの被害を防ぐ技術
    セキュアブートはOS起動前のマルウェア実行を防ぐ技術です。
© 2015-2018 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop