情報セキュリティマネジメント 平成30年秋期 午前問18

午前問18

インターネットと社内サーバの間にファイアウォールが設置されている環境で,時刻同期の通信プロトコルを用いて社内サーバの時刻をインターネット上の時刻サーバの正確な時刻に同期させる。このとき,ファイアウォールで許可すべき時刻サーバとの間の通信プロトコルはどれか。
  • FTP(TCP,ポート番号21)
  • NTP(UDP,ポート番号123)
  • SMTP(TCP,ポート番号25)
  • SNMP(TCP及びUDP,ポート番号161及び162)
  • [この問題の出題歴]
  • 情報セキュマネ H28秋期 問19

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策

正解

解説

NTP(Network Time Protocol)は、TCP/IP環境において、機器が持つ時計を正しい時刻(協定世界時:UTC)へ同期するための通信プロトコルです。各機器の内部時計が合っていないと、各機器に記録されているログを併合したときに前後関係がおかしくなってしまう可能性があるため、NTPを利用して内部時計を同期させる必要があります。

したがって「イ」が正解です。
  • FTP(File Transfer Protocol)は、ネットワーク上でファイルの転送を行うための通信プロトコルです。
  • 正しい。NTPは時刻同期のためのプロトコルです。
  • SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)は、インターネット環境において、クライアントからメールサーバに電子メールを送信したり、メールサーバ間で電子メールを転送したりするのに用いられるプロトコルです。
  • SNMP(Simple Network Management Protocol)は、TCP/IPネットワーク上でネットワーク上の機器の情報を収集して、監視や制御を行うためのプロトコルです。
© 2015-2018 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop