情報セキュリティマネジメント 平成30年秋期 午前問29

午前問29

SSHの説明はどれか。
  • MIMEを拡張した電子メールの暗号化とディジタル署名に関する標準
  • オンラインショッピングで安全にクレジットカード決済を行うための仕様
  • 共通鍵暗号技術と公開鍵暗号技術を併用した電子メールの暗号化,復号の機能をもつ電子メールソフト
  • リモートログインやリモートファイルコピーのセキュリティを強化したプロトコル,及びそのプロトコルを実装したコマンド
  • [この問題の出題歴]
  • 応用情報技術者 H26春期 問44

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » セキュリティ実装技術

正解

解説

SSH(Secure Shell)は、公開鍵暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコルであり、SSLと同様にトランスポート層とアプリケーション層で通信を暗号化します。

当初はrlogin,rshやTelnetを安全に利用する手段として用いられていましたが、現在ではポートフォワーディング機能を用いることで、POP3FTPなどネットワーク上に平文のパスワードが流れてしまう既存のプロトコルを安全に利用する技術としても広く利用されています。
ポートフォワーディング
ローカルホストの任意のポートに送信したデータを、リモートホストの特定ポートへ転送する機能
  • S/MIME(Secure Multipurpose Internet Mail Extensions)の説明です。
  • SET(Secure Electronic Transaction)の説明です。
  • PGP(Pretty Good Privacy)の説明です。
  • 正しい。SSHの説明です。
© 2015-2018 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop