情報セキュリティマネジメント 平成30年秋期 午前問41

午前問41

ITサービスマネジメントにおいて,SMS(サービスマネジメントシステム)の効果的な計画立案,運用及び管理を確実にするために,SLAやサービスカタログを文書化し,維持しなければならないのは誰か。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメントプロセス

正解

解説

サービスマネジメントシステムの規格であるJIS Q 20000-1:2012では、文書の作成及び維持について以下の記述があります。

サービス提供者は,SMSの効果的な計画立案,運用及び管理を確実にするために,記録を含む文書を作成し,維持しなければならない。これらの文書には次を含まなければならない。」
  1. サービスマネジメントについての文書化した方針及び目的
  2. 文書化したサービスマネジメントの計画
  3. この規格で要求する特定のプロセスのために作成された,文書化した方針及び計画
  4. 文書化したサービスカタログ
  5. 文書化したSLA
  6. 文書化したサービスマネジメントのプロセス
  7. この規格で要求する,文書化した手順及び記録
  8. SMSの効果的な運用及びサービスの提供のために,サービス提供者が必要と判断した,付加的な文書
つまり、SLAやサービスカタログを文書化し、維持しなければならないのは「サービス提供者」ということになります。したがって「ウ」が正解です。
© 2015-2018 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop