情報セキュリティマネジメント 平成30年秋期 午前問43

午前問43

ソフトウェア開発プロジェクトにおいてWBS(Work Breakdown Structure)を使用する目的として,適切なものはどれか。
  • 開発の期間と費用がトレードオフの関係にある場合に,総費用の最適化を図る。
  • 作業の順序関係を明確にして,重点管理すべきクリティカルパスを把握する。
  • 作業の日程を横棒(バー)で表して,作業の開始や終了時点,現時点の進捗を明確にする。
  • 作業を階層的に詳細化して,管理可能な大きさに細分化する。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H25秋期 問52
  • 基本情報技術者 H28春期 問51

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » スコープマネジメント

正解

解説

WBS(Work Breakdown Structure)は、プロジェクト目標を達成し、必要な成果物を過不足なく作成するために、プロジェクトチームが実行すべき作業を、成果物を主体に階層的に要素分解したものです。作業の漏れや抜けを防ぎ、プロジェクトの範囲を明確にすると同時に、作業単位ごとに内容・日程・目標を設定することでコントロールをしやすくする目的があります。
43.gif/image-size:434×225
  • EVM(Earned Value Management)やトレンドチャートを使用する目的です。
  • アローダイアグラムを使用する目的です。
  • ガントチャートを使用する目的です。
  • 正しい。WBSを使用する目的です。
© 2015-2018 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop