情報セキュリティマネジメント 平成30年秋期 午前問47

午前問47

データサイエンティストの主要な役割はどれか。
  • 監査対象から独立的かつ客観的立場のシステム監査の専門家として情報システムを総合的に点検及び評価し,組織体の長に助言及び勧告するとともにフォローアップする。
  • 情報科学についての知識を有し,ビジネス課題を解決するためにビッグデータを意味ある形で使えるように分析システムを実装・運用し,課題の解決を支援する。
  • 多数のコンピュータをスイッチやルータなどのネットワーク機器に接続し,コンピュータ間でデータを高速に送受信するネットワークシステムを構築する。
  • プロジェクトを企画・実行する上で,予算管理,進捗管理,人員配置やモチベーション管理,品質コントロールなどについて重要な決定権をもち,プロジェクトにおける総合的な責任を負う。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » システム活用促進・評価

正解

解説

データサイエンティストとは、ビッグデータなどの大量のデータを、数学的、統計学的、機械学習、データマイニングなどの様々な手法を駆使して分析し、ビジネス上の課題の解決を支援する職種です。近年、ビッグデータの活用が進むに連れて、データサイエンティストへの注目も高まっています。
  • システム監査人の役割です。
  • 正しい。データサイエンティストの役割です。
  • ネットワークエンジニアの役割です。
  • プロジェクトマネージャの役割です。
© 2015-2018 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop