情報セキュリティマネジメント 平成30年春期 午前問45

午前問45

PaaS型サービスモデルの特徴はどれか。
  • 利用者は,サービスとして提供されるOSやストレージに対する設定や変更をして利用することができるが,クラウドサービス基盤を変更したり拡張したりすることはできない。
  • 利用者は,サービスとして提供されるOSやデータベースシステム,プログラム言語処理系などを組み合わせて利用することができる。
  • 利用者は,サービスとして提供されるアプリケーションを利用することができるが,自らアプリケーションを開発することはできない。
  • 利用者は,ネットワークを介してサービスとして提供される端末のデスクトップ環境を利用することができる。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

クラウドサービスモデルには幾つかの種類があります。
SaaS(Software as a Service)
サービス提供事業者が運用するソフトウェアをインターネット経由で利用する形態。利用者は限られた範囲でソフトウェアをカスタマイズして使用できる。
PaaS(Platform as a Service)
"アプリケーションを稼働させるための基盤(プラットフォーム)"をサービスとして提供する形態。利用者は自身が購入または開発したアプリケーションをプラットフォーム上に実装し、管理・運用する。
IaaS(Infrastructure as a Service)
システムを構築するためのハードウェア資源(CPU・メモリ・ストレージ・ネットワーク資源)をサービスの形で提供する形態。利用者は提供された基盤の上に任意のOSやミドルウェアを導入し、その上にソフトウェアを構築する。
DaaS(Desktop as a Service)
個人ごとのデスクトップ環境をインターネット経由で提供する形態。クライアントPCにはネットワークに接続できる環境とディスプレイだけを用意すればよく、データ管理やアプリケーションの実行は全てクラウド上のサーバ上で行われる。
PaaS型サービスモデルは、ハードウェア資源とOS・ミドルウェアに加えて、ソフトウェアを生み出すためのプログラミング言語、ライブラリ、サービス、およびツールなどの開発環境がサービスとして提供されます。よって正解は「イ」です。
  • IaaSの説明です。
  • 正しい。PaaSの説明です。
  • SaaSの説明です。
  • DaaSの説明です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop