情報セキュリティマネジメント 平成30年春期 午前問46

午前問46

DBMSにおいて,複数のトランザクション処理プログラムが同一データベースを同時に更新する場合,論理的な矛盾を生じさせないために用いる技法はどれか。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H28春期 問30

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

排他制御は、トランザクションの整合性を保つために、1つのタスクがデータ更新のトランザクションを実行している間は、その処理が終わるまで同じデータに対する他のトランザクション要求を待機させる仕組みです。
複数のトランザクションが同じデータを更新しようとすると、不正データの読込みや更新消失が発生することがありますが、DBMSが排他制御を行うことで、これらの異常を防いでいます。
  • 再編成は、データを適切に再配置することで、データベースのアクセス効率を回復させる処理です。
  • 正規化は、関係データベースを構築するに当たり、データの冗長性の排除、整合性の確保、及び保守性の向上などを目的として行われる処理です。
  • 整合性制約は、データベースの整合性を保つために表や列に設定される制約です。
  • 正しい。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop