情報セキュリティマネジメント 平成30年春期 午前問47

午前問47

電子メールのヘッダフィールドのうち,SMTPでメッセージが転送される過程で削除されるものはどれか。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

Bcc(ブラインドカーボンコピー)は、電子メールにおける送信先指定方法の1つで、toで指定した送信先以外に、メールのコピーを送信しておきたい相手を指定する機能のことです。この指定を用いると、toの相手及びbccで指定した相手に、自分以外の送り先のアドレスが通知されないため、toの相手とbccの相手の相互間で電子メールアドレスを知られたくない場合に使用します。

メールソフトから送信元サーバへはbccヘッダを付加して送りますが、宛先に到着したときにbccのメールアドレスがメールヘッダ情報として見えてしまうと意味がないので、送信元メールサーバではメール送信時にbccヘッダを削除します。よって「ア」が正解です。
  • 正しい。
  • Dateは、メールが送信された時刻を表します。
  • Receivedは、メールが到着するまでに経由したメールサーバの一覧を表します。
  • X-Mailerは、送信元が使用したメールソフト名を表します。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop