情報セキュリティマネジメント 平成30年春期 午前問48

午前問48

ITアウトソーシングの活用に当たって,委託先決定までの計画工程,委託先決定からサービス利用開始までの準備工程,委託先が提供するサービスを発注者が利用する活用工程の三つに分けたとき,発注者が活用工程で行うことはどれか。
  • 移行計画やサービス利用におけるコミュニケーションプランを委託先と決定する。
  • 移行ツールのテストやサービス利用テストなど,一連のテストを委託先と行う。
  • 稼働状況を基にした実績報告や利用者評価を基に,改善案を委託先と取りまとめる。
  • 提案依頼書を作成,提示して委託候補先から提案を受ける。

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 調達計画・実施

正解

解説

計画工程の終了時には委託先が決定し、準備工程の終了時にはサービスが本稼働環境に移されます。つまり各工程の区切りである、①委託先の決定後であるかどうか、②本稼働後であるかどうか、に注目すれば各作業を適切な工程に分類できます。
  • 委託先の決定後、移行前に実施する作業なので準備工程で行います。
  • 委託先の決定後、移行前に実施する作業なので準備工程で行います。
  • 正しい。本稼働後に実施する作業なので活用工程で行います。
  • 委託先決定前に実施する作業なので計画工程で行います。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop