情報セキュリティマネジメント 平成30年春期 午前問49

午前問49

CSR調達に該当するものはどれか。
  • コストを最小化するために,最も安価な製品を選ぶ。
  • 災害時に調達が不可能となる事態を避けるために,複数の調達先を確保する。
  • 自然環境,人権などへの配慮を調達基準として示し,調達先に遵守を求める。
  • 物品の購買に当たってEDIを利用し,迅速かつ正確な調達を行う。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H26秋期 問67
  • 基本情報技術者 H28秋期 問65

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 調達計画・実施

正解

解説

CSR(Corporate Social Responsibility)は、企業活動において経済的成長だけでなく、環境や社会からの要請に対し、責任を果たすことが企業価値の向上につながるという考え方で、企業の社会的責任という意味を持っています。

CSR調達は、この取組みを拡大し、調達先の企業やサプライチェーン全体などにもCSRを求めるものです。
  • CSR調達ではコスト面だけで調達先を選択しません。
  • 分散調達に該当します。
  • 正しい。CSR調達に該当します
  • 電子調達に該当します。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop