情報セキュリティマネジメント 平成30年春期 午前問50

午前問50

製造原価明細書から損益計算書を作成したとき,売上総利益は何千円か。
50.gif/image-size:401×211

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

まず製造原価明細書から計算していきます。

当期総製造費用は、材料費、労務費、経費の合計なので、

 400+300+200=900(千円)

当期製品製造原価は、期首仕掛品棚卸残高+当期総製造費用−期末仕掛品棚卸残高 なので、

 150+900−250=800(千円)

この800千円が、損益計算書の当期製品製造原価に入ります。
50_1.gif/image-size:401×211
続いて損益計算書の計算に移ります。売上原価は、期首製品棚卸残高+当期製品製造費用−期末製品棚卸残高 なので、

 120+800−70=850(千円)

売上総利益は、売上高から売上原価を差し引いて求めるので、

 1,000−850=150(千円)

したがって「ア」が正解です。
50_2.gif/image-size:467×211
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop