情報セキュリティマネジメント試験 用語辞典

マクロウイルス【Macro Virus】
ワープロソフトや、表計算ソフトに組み込まれているプログラム作成機能(マクロ)を悪用したウィルスのこと。マクロウイルスに感染すると、まずワープロソフトや表計算ソフトなどで作成したデータファイルが秘密裏に書き換えられる。そしてユーザが改ざんされたファイルを開くと、攻撃命令が自動起動してコンピュータに被害を及ぼす。
分野:
情報セキュリティ » 脅威
重要度:

出題例

マクロウィルスに関する記述として,適切なものはどれか。
  • PCの画面上に広告を表示させる。
  • ネットワークで接続されたコンピュータ間を,自己複製しながら移動する。
  • ネットワークを介して,他人のPCを自由に操ったり,パスワードなど重要な情報を盗んだりする。
  • ワープロソフトや表計算ソフトのデータファイルに感染する。

正解

「脅威」に属する用語
「情報セキュリティ」の他の分野
「セキュリティ」の他のカテゴリ
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop