HOME»情報セキュリティマネジメント用語辞典»OECDプライバシーガイドライン

情報セキュリティマネジメント試験 用語辞典

OECDプライバシーガイドライン
OECD(経済協力開発機構)によって示された、世界共通の個人情報保護の基本原則を定めた指針。日本における個人情報保護法をはじめ、各国の個人情報保護の法令は、このガイドラインに基づいて制定されている。以下の8つの原則から成っている。
目的明確化の原則
収集目的を明確にし、データ利用は収集目的に合致するべきである。
利用制限の原則
データ主体の同意がある場合、法律の規定による場合以外は目的以外に利用使用してはならない。
収集制限の原則
適法・公正な手段により、かつ情報主体に通知又は同意を得て収集されるべきである。
データ内容の原則
利用目的に沿ったもので、かつ、正確、完全、最新であるべきである。
安全保護の原則
合理的安全保護措置により、紛失・破壊・使用・修正・開示等から保護するべきである。
公開の原則
データ収集の実施方針等を公開し、データの存在、利用目的、管理者等を明示するべきである。
個人参加の原則
自己に関するデータの所在及び内容を確認させ、又は意義申立を保証するべきである。
責任の原則
管理者は諸原則実施の責任を有する。
分野:
情報セキュリティ » 情報セキュリティの考え方
出題歴:
28年春期問31 
重要度:

出題例

"OECDプライバシーガイドライン"には8原則が定められている。その中の四つの原則についての説明のうち,適切なものはどれか。

正解

「情報セキュリティの考え方」に属する用語
「情報セキュリティ」の他の分野
「セキュリティ」の他のカテゴリ
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop