情報セキュリティマネジメント 平成29年秋期 午前問42

午前問42

サービス提供者と顧客との間で,新サービスの可用性に関するサービスレベルの目標を定めたい。次に示すサービスの条件で合意するとき,このサービスの稼働率の目標値はどれか。ここで,1週間のうち5日間を営業日とし,保守のための計画停止はサービス提供時間帯には行わないものとする。
42.gif/image-size:452×88

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメント

正解

解説

サービスの可用性とは、「サービスが必要とされた時間にどれだけサービスが利用可能であったか」を示す指標です。

1日当たりのサービス提供時間は(19時-9時=)10時間、営業日は5日間ですから、1週間の総サービス提供時間は以下の計算で求められます。

 10×5=50(時間)

そして1週間当たりのサービス停止の許容限度は1時間です。これを達成するためには1週間に49時間以上の稼働が求められます。したがって目標となる稼働率は、

 49÷50=0.98=98.0%

したがって「ウ」が適切です。
© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop