HOME»情報セキュリティマネジメント用語辞典»ドライブバイダウンロード

情報セキュリティマネジメント試験 用語辞典

ドライブバイダウンロード【Drive by Download】
Webサイトにマルウェアを仕込んでおき、アクセスした利用者に気付かれないようにそれらのダウンロードや自動実行をさせる攻撃。脆弱性のある利用環境だと単に閲覧しただけでマルウェアに感染してしまう。水飲み場型攻撃、ガンプラー攻撃においてマルウェアを対象者のコンピュータに潜りこませるために使われるなど、攻撃成立のための補助的な役割を担うこともある。
分野:
情報セキュリティ » サイバー攻撃手法
出題歴:
28年春期問25 
重要度:

(Wikipedia ドライブバイ ウンロードより)

ドライブバイダウンロードDrive-by downloadDrive-by download attack)とは、ウェブブラウザなどを介して、ユーザに気付かれないようにソフトウェアなどをダウンロードさせる行為のことである。

概要

ドライブバイダウンロードは、特にマルウェアなどの悪意のあるツールや悪意のあるアプリケーションを秘密裏にダウンロードさせるために用いられることが多い。この場合、ユーザが単にウェブページやウェブサイトを閲覧しただけで自動的にマルウェアがダウンロードされてしまったり、そのマルウェアが勝手に実行され、インストールされたりする。また、秘密裏にマルウェアのダウンロードや実行が行われるため、ユーザはマルウェアに侵されていることに気付きにくい。

実際に、企業のウェブページが何らかの方法によって不正改ざんされ、ドライブバイダウンロードに用いられるスクリプトやコードがそのウェブページに埋め込まれて(インジェクションされて)しまい、不特定多数のユーザに対するマルウェアの感染源となってしまった例もある。

ドライブバイダウンロードによる攻撃は、主にウェブブラウザ、OSやその他のサードパーティー製のソフトウェアの脆弱性やセキュリティーホールを突くようにして行われることが多い。そのため、ドライブバイダウンロードによる攻撃を回避するためには、ウイルス対策ソフトやファイアーウォールの導入などと並行して、ウェブブラウザ、OSやその他のサードパーティー製のソフトウェアのセキュリティパッチなどを適用して常に最新状態を保つといった事柄も、主要な施策となる。

出題例

ドライブバイダウンロード攻撃の説明はどれか。
  • PCにUSBメモリが接続されたとき,USBメモリに保存されているプログラムを自動的に実行する機能を用いてウイルスを実行し,PCをウイルスに感染させる。
  • PCに格納されているファイルを勝手に暗号化して,戻すためのパスワードを教えることと引換えに金銭を要求する。
  • Webサイトを閲覧したとき,利用者が気付かないうちに,利用者の意図にかかわらず,利用者のPCに不正プログラムが転送される。
  • 不正にアクセスする目的で,建物の外部に漏れた無線LANの電波を傍受して,セキュリティの設定が脆弱な無線LANのアクセスポイントを見つけ出す。

正解

「サイバー攻撃手法」に属する用語
「情報セキュリティ」の他の分野
「セキュリティ」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「ドライブバイ ウンロード」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2015-2019 情報セキュリティマネジメント試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop